-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-28 13:30 | カテゴリ:日 記
いつ買ったのかな?本棚に 相田みつをさん の本がありました
買ったのはもちろん私 でも何時だったかな?買った動機は何だったっけ?と 思いながら手に取りました
開いたページの詩を読んだ時、ふわっと軽くなった感覚でした

「そのままで いいがな」

「こうしたいのに・・・ そうなりたいのに・・」と欲を持って過ごし 自分で自分を追い詰めて 自分を見失い どんどん劣等感の塊を大きくしていく・・・

「そのままで いいがな」の詩の中には自分を見つめ、許し、認めていく そうすることで本当の自分に気付いてあげられる無条件の愛が込められているように感じました

欲が出るのはしかたのない事だと思います(私は欲の塊です(|||▽||| ))
でも 少し欲を持つ前に「ここまで頑張ったんだね 凄いじゃん もう少し頑張ってみる?もっと楽しいかも・・・」とこれまでの自分を褒めてあげて励みをつくってみる
そしたら欲が理想に変わりワクワクと自分を高められるのではないかな~と思うのです

誰も私を「ダメでしょ」とは言っていないのに だだ私が私にレッテルを貼っているだけなのでした

「私は私 そのままで いいんだよ」と 暫く自分に語りかけてあげようと思います

あなたにも・・・・「出来なくたっていいんだよ いつかは出来る日が来るのだから いつまでも待っているからね・・・」
スポンサーサイト
2008-03-28 09:22 | カテゴリ:日 記
今朝 おにぎりを7個作りました
今日 長男が試合に持って行くおにぎりです
これまでも子供達の部活の練習や試合また学校がお休みの日の昼食に(私が仕事の日はお昼ご飯におにぎりを作っていきます)おにぎりを作ります
おにぎりを作る時 色々な事を思いながらにぎります
試合の日は「いいプレイが出来ますように・・・」お留守番をお願いする日は「ありがとう~」等
今朝のおにぎりは「ガンバレ~!!!」を沢山込めました

子供たちがスポーツをしてくれているおかげで私も成長させてもらっています
暑い日も寒い日も頑張っている子供達を見ていると丸くなっている背中がピンッとなったり気になる事があっても気分を明るくしてくれます
また、応援するご父兄の方々は皆 どの子もわが子のように見守ってくださいます
子供達も私もおにぎりを食べる時 この温かい繋がりを思い出し きっと励みとなり残ってゆくでしょう

だからこれからも美味しいおにぎり作りを頑張ります!!! 
2008-03-26 05:40 | カテゴリ:日 記
一日の締めくくりは枕元にしのばせた精油の香りに包まれながら「今日も一日ご苦労さん」と私に掛けてあげる 
楽しかった事 嬉しかった事 落ち込んだ事 プンプンしてしまった事いろいろあったけど「頑張ったね 私 ご苦労さん 明日もがんばろう!」と思いながら夢の中・・・・

少し前までは「あ~疲れた~今日もやっと終わった」でバタンキュー 一日を振り返ることなく朝を迎えていました 
「あ~また今日も始まる・・・」と朝からマイナスでスタート そしてまたバタンキュー …… 

一日を楽しく幸せに送れるか それともそうでないのかは 私の想いひとつで決まってしまいます 「プンプンよりもニコニコでいたい!」 そしたら「今日は楽しいことがありますように・・・☆」と一日のスタートを切ってみたら あら不思議もうルンルン~の私が居るのことに気が付きました
もちろん寝むる時もバタンキューではなくて お・や・す・み~と穏やかに眠りの中へ・・・

何に対しても自分の想いの切り替えで事が明るくも反対にもすることが出来る・・・・

目の前の事を全て重ーく捉えてばかりいた私がやっとこの法則に気がつきました
だから辛気臭い私ともバイバイです

大切な人達に淋しい思いをさせないように 私の笑顔を安心して見ていてもらえるような毎日を過ごしてゆきたいと思います

あなたもニコニコの日を過ごせますように・・・・☆
2008-03-24 05:33 | カテゴリ:日 記
アロマセラピストになっての一番「よかったな~」と思えることは 
家族にトリートメントをしてあげられる事
大切な家族に「今日も頑張ったね お疲れ様~ありがとうね」と想いを込めてトリートメントをさせてもらいます ん?ここ疲れていそうだわ~と思う箇所は念入りに優し~く丁寧に・・・・
昨晩は三兄弟を順番にさせてもらいました 
長男は先週後半からインフルエンザに罹ってしまいここ数日しんどそうでした 回復兆しが見えてからは一気に食欲も増え大好きなPSいじりも出来るようになっていきました 今はもう全快快調!!
インフルエンザの前半は長男の看護もしながら他の家族に移っては大変 ヾ(゜ロ゜*)とウイルス退治の為、沢山精油を焚きスチームと一緒に流しました お陰様でいまのところ家族皆感染ありません さすが精油さまさまです このときもアロマセラピストでよかった~と思うのでした(^人^)感謝♪ 
今回のトリートメントの順番は病み上がりの長男から 長く横になっている体制が続いたのか背中から腰に違和感があるようでした調合したローション(いつもはオイルなのですが)を塗布し違和感のある周りのツボをホリホリし疲れていそうな箇所に優し~く「がんばったね~」とナデナデしました 最後は「ヾ(^^ )ヨシヨシ」でおしまい
先日小学校を卒業した二男は足の裏のツボ押しをしました 元気一杯!!の二男は人一倍行動範囲も広く、じっとしていることが少々不得意です 足裏のツボを押しながら「足さんご苦労様~ 二男を運んでくれてありがとうね」と想いを込めさせていただきました
ツボ押しが終わる頃には夢の中に突入の二男でした
お兄ちゃん達が終わり自分の順番が来るのをジッとまっていた三男も足裏トリートメントです
上二人に比べるとちっちゃなお足ちゃん 「いつも「素直に・・・」を教えてくれてありがとうね」とホリホリ・・・やっぱりおねむZzz・・o(__*)。。に入っていきました
旦那さんは今晩、お仕事が深夜あがりなので明日たっくさんトリートメントさせていただこう!!
「お仕事頑張ってくれて あ・り・が・と・う」と想いながら感謝を送ります

こうして大切な大好きな家族にトリートメントをさせてもらいながらしている私が元気に幸せになってゆけます
アロマセラピストを習ってて良かった!!と改めて思うのでした

今週も旦那さん、三兄弟、お友達、出会う人達が皆元気に楽しくすごせますように・・・・☆
2008-03-19 00:18 | カテゴリ:日 記
アロマのお仕事とご年配の方と触れ合うお仕事をしています
毎日お仕事で出会う方々から沢山の素晴らしいお話を聞かせていただきます
今日も素敵なご婦人が教えてくれました
その方は重い持病を持っておられながらも、いつも回りの方々に気を使われ、またニコニコと接していらっしゃいます
私にも優しく、温かいお言葉を掛けてくださいます
今日も会話の中に「何があっても頑張ってくださいよ 必ず幸せは待っているのですから」と声を掛けてくれました 
ご婦人がこれまでどれ程頑張ってこられたのかが伝わってきました
誰にも気付かれないように流した涙もあったかもしれません・・・ 

今、ご婦人はご主人様とお二人で暮らしています ご主人様も過去に大きな病気をされ後遺症を持たれているのですが、家事が出来なくなった奥様の代わりにご主人様がお食事を作られたりされています
ご婦人はいつも「主人に申し訳ないんですよ とても感謝しています 今が一番幸せです」と話をしてくださいました

人は、いいえ私は何か事が起こった時、それが自分にとって良くない事だったら「私だけどうして~」と受入れる事が出来ず「どうせ私なんか・・・」と自分を卑下して落ち込んでしまい最終的には悲劇のヒロインになりきってしまっていました

でも、最近はこのご婦人の言葉のように「頑張ったら必ず幸せは待っている・・」と少しづつ思えるようになりつつあります
また無いものねだりをするよりも、今手にしている幸せを見たときそれがどれ程の大きな幸せなのかに気付け、世界で一番幸せな自分がここにいたことを知るのです

あの人もこの人も皆頑張って毎日を過ごしています・・・それは愛する人の為、家族の為、そして自分の幸せの為に・・・

だから私も元気に頑張って行きたいと思います
大切な人の為にも・・・

この素敵なご婦人とご主人様が頑張った証を見せてくださいました
ありがとうございました
お二人がますます、お幸せになりますように・・・・



2008-03-16 10:59 | カテゴリ:ラブレター
旦那さまへ
あなたと出逢って20年が絶ちました
幼い頃から私は私の居場所を探し求めていました 安心出来る温かい場所を・・・
あなたが私の前に現れたとき「この人が安心出来る温かい場所」だとすぐに分かりました
私はあなたが少し年上だったからか近寄りたくても少し遠い距離を感じてなかなか自分を伝えることが出来ずにいました
でも私はこの人と幸せになれますように・・・と願っていました
あなたにはこの願いが届いていたかしら・・・

結婚して17年になります 早いですね
寝ぐずりが酷くてなかなか寝ない長男を安心して眠りにつくまで抱っこして寝かしつけてくれたあなた この子ももうあなたの背を越してしまいましたね
三人の子供たちは私達の宝物ですね
 
また私達も色々なことがありましたね
お互いが見えなくなった時、私はあなたを責めて苦しめてしまいました
私達は人間としても親としても未熟者同士です だから一緒に手を繋いで足りない欠片を一緒に探して温かなハートを完成させましょうよ

昨夜初めて2人でお散歩したね
あなたは知っていたのかな?私が密かに「お互いおじいさん、おばあさんになったら二人で一緒にウォーキングしたいな」って思っていたことを・・・
なんと早くも現実になりましたヽ(`○´)/

私がブログを始めようと思った理由は自分を見つめて素直だった私に戻りたかったから・・・
それともうひとつ、あなたへラブレターを綴っていきたかったから・・・なのです

今まで素直になれなかった事が二人を淋しくさせていたのかもしれません
私はあなたと笑顔で歩いて行きたいです
だからここから素直を始めてみます

  「旦那さま 私を見つけてくれて あ・り・が・と・う ☆」
2008-03-14 04:49 | カテゴリ:日 記
今日はホワイトDayです 二男君は先月のバレンタインDayにはありがたいことに女の子からチョコレートを幾つかいただいたみたいなのです 数日まえからホワイトDayのお返しをいろいろ計画していました 

昨日は仲良しのお友達とホワイトDayの贈りもの 「チョコレートケーキ」を作りました (実は昨年もクッキーをお友達と作りました)
もちろんいつもは食べる役専門の彼らなので作る過程はとてもぎこちなく、「これでいいとかな?」「まぁいいか~」とついつい手を出したくなる会話が聞こえてきます そこを最低限に抑えて「どうかそれなりのものが出来ますように・・・」と見守る私・・・・
オーブンの中のケーキがムクムクと膨らんでこんもりと可愛い形になってきたのを確認したとき一安心ヽ(`○´)/
彼らの顔もニンマリです
焼きあがったケーキを包装して出~来た!!

「明日一緒に配りに行こう!!!」と会話をしている彼らに興味深々の私は「本命はいると?」と聞くと「いや~チョコレート貰ったお返したい」という曖昧な返事です
確かに数個づつ作ったのでお返しもあるでしょうから、まぁ深くは追求せずに彼らの青春に応援です

今日学校から帰ってきて配りに行く彼らとお届け先の子達のハートが温かく包まれますように・・・☆
2008-03-10 05:41 | カテゴリ:日 記
三男くんのサッカーの試合がありました
チームの人数は試合に出場できるギリギリ6人という最小チームです でも、こじんまりとしたチームだからこそ普段の練習でも子供たちの団結はとても強いように感じます
先日の試合はチームの一人が熱でお休みになり5人で試合に望みました 応援する私達は一人少ないからと思い「勝負より楽しくやっておいで・・・」と送り出したのです 
ところが、彼らの動きはこれまで以上に良い動きをしているのでした 「○○がいないから(・・・くんづけではなく彼らは名前で呼び合っています)○○の分まで頑張らんと」と少ないから・・・という負い目を持つのではなく、「だから頑張ろう!!」と団結を強く戦っていたのでした
結果は予選を勝ち進み決勝リーグまで進みました 
今回の決勝リーグは6人揃って試合に望みました 対戦チームは強いらしいと聞いて「正直ここまでこれたことが奇跡かも・・・?これで十分」と、親達の間では満足していました 
試合が始まりこの試合のキーパー役になった子はキーパーが少し苦手ということでした
他の部員はそれを知っていたのか上手くカバーをしながら戦っていました 「ここまでこれただけで十分」と思っていたこの試合も勝ち進んだのでした この試合のキーパーをつとめた子が「ボールがこっちまで来そうで、くるくるどうしよう・・・と思っていたら皆が止めに来てくれた」と言っていました 子供達はお互いをカバーし助けあいながら頑張っていたのでした
決勝戦では惜しくも負けてしまいましたが、堂々の2位!
表彰式でチームの表彰式があり子供たちも賞状とトロフィーとメダルをいただいてニコニコ顔でした 
司会者の方が「さあ、応援してくれたお家の方、監督、コーチにありがとうございましたと言うよ」と声を掛けてくれ皆大きな声で「ありがとうございました」と言ってくれました
最後に「頑張った自分にも『ありがとう!!』を言ってあげよう」と声を掛けてくれ大きな空に向かっての子供たちの「ありがとう!!!」が響きました
本当に君達は頑張ったね。仲間を思いやる優しさと何事にも向かっていく勇気とはたまたお茶目な行動の笑いを見せてくれて、教えてくれてありがとう
頑張ったね 頑張ったよ 感動をありがとう!!!
またまた、子供達から大切な事を教わった私でした

おまけに私も「頑張っているよね私・・・」と空を見上げるのでした・・・。
2008-03-07 17:54 | カテゴリ:日 記
旦那さんのお仕事の関係でこれまで幾つかの転勤を繰り返してきました
転勤先で出会った方と今も時々メールを送らせていただき近況報告をし合ったりします
離れてしまい暫く会っていないのにメールの会話はあの頃のままです
それがとても嬉しいのです 時間は過ぎて幼かった子供達も大きくなりました
「笑ったり、愚痴ったり、色々なドラマがあったなぁ~」
想い出を振り返るとそこにはいつも支えてくれた人達がいました
なかなか会えなくなってしまいましたが今も想い出と共に支えてくれています
出会ってくれた方々ありがとう

私も出会ってくれた方々の支えとなれるよう、感謝を持って共に時間を過ごさせていただきたいと思います

出会ってくれた方も、これから出会う方もどうぞよろしくお願いします


2008-03-04 21:59 | カテゴリ:日 記

夕方遊びから帰ってきた次男君が「はい、すっげえ遅くなったけど誕生日プレゼント」と言って渡してくれたものはこの水仙の花でした。「え~どうしたと?」とビックリしながら聞くと「この前お母さん言ってたじゃん」と二男君。
実は数日前二男君と一緒に買い物に行った時、近くの川の斜面に沢山水仙が咲いていて私が「わ~綺麗ね 少し貰っていってもいいかなあ?」と軽く言った言葉を二男君は覚えていたのでしょう。この水仙の花はあの川の斜面に咲いていた花でした。
「ありがとう。覚えとったと?危ないのによう取れたね すっごくいい香り~嬉しい!!」と言うと恥ずかしそうに、また得意そうにニヤける二男君でした。
私の誕生日は先月でした。誕生日の少し前から「ごめん お母さん お小遣い足りないからお母さんの誕生日プレゼント買えんとたい」と言ってくれていました。でも、誕生日の日には旦那さんが可愛いケーキを買って来てくれ息子達皆で誕生日の歌を唄ってくれ「おめでとう!」を沢山言ってくれ素敵な誕生日お祝いをしてくれたのでした。
なのに二男君は私へのプレゼントを気にしてくれていたのでしょうか、水仙の花を私の為に摘んできてくれた二男君の優しさに胸がいっぱいになりました。水仙の花の香りに包まれて幸せをかみ締めました。
家族に愛されている私 とても幸せです。
「お父さん もう少し可愛い奥さんになるね。息子達 もう少し優しいお母さんになるね」
私の誕生日に決めた大切な家族へのお約束です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。