-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-24 02:06 | カテゴリ:Clover
精油の紹介


よい精油は、香りを嗅いだときに鼻のあたりでとどまってしまう感覚がなく、鼻から脳下垂体まで流れるように伝わっていくものです。そして、それ自体のエネルギーがとても高く、その精油を入れたボトルを手に持っていたり、ポケットに入れているだけでも、その人のエネルギーを高め、癒してくれるのです。
JHAS本校、そして、その系列校であるJHAS提携校・認定校では、JHASがオーストラリアより直輸入しておりますESSENTIAL THERAPYUTICS(以後E.T.)社の精油を使っています。

よい精油は、本来エネルギー的な反応を起こしやすく、扱う人によって容易に香りが変化してしまいます。そのエネルギーを保つためには、植物の栽培環境から、抽出、輸送、販売の環境にいたるまで、注意深いケアが必要です。それは、扱い方だけでなく、扱う人の心や身体の状態....つまりエネルギー状態がとても大切なのです。JHASでは、この精油を「最高の状態に高めて」から生徒さんにお分けしています。

JHASが扱っている約100種のE.T.社の精油は、成分面、エネルギー面など、あらゆる点で非常にすぐれています。しかし、この精油は、エネルギー的に非常に繊細な上に、浄化の力がとても強く、持つ人のエネルギーによってすぐに香りが変化してしまいます。その香りは、まさにその人の状態をあらわしています。初回のレッスンで、生徒さんに教材としてラベンダーの精油をお渡しするのですが、生徒さんに約10秒ほど持っていてもらうだけで、全員が違う香りになってしまうことを体験していただきます。香りが薄くなってしまったり、違う香りなったり、時に臭くなってしまった精油は、セラピストにエネルギーを立て直してもらってから使うべきものです。精油のエネルギーを戻せるレベルになるには、通常、基本科上級前後までかかります。また、長期に渡って化学薬品を使用して来られた方や、心のマイナスを多くためこんでいたり、心のブロックのある方等は、一時的に症状が強く出てしまう、いわゆる「好転反応」や「リバウンド」が起こる可能性があります。それが精油の持つ浄化の力なのです。
自然素材である精油には、本来「副作用」というものはありません。しかし、そのエネルギーの強さ、浄化力、そして濃度の高さ故に、取り扱いにはプロのアドバイスが必要です。
病や事故は、浄化のひとつであり、「気付き」....つまり「心や、生き方を見つめ直す」ためのメッセージです。そのことを理解し、自分自身を見つめ直して行くプロセスがあってこそ、精油の本来の役割である「自然治癒力」を高め、「心」を高め「気付き」を促して行く力を発揮できることを忘れてはならない、と考えています。



秘密

トラックバックURL
→http://cloveraroma0210.blog.fc2.com/tb.php/6-4a5c607d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。